出産祝い女の子の場合

女の子が生まれた人に出産祝いを贈る時には、一般的にベビー服を選ぶと喜ばれる事が多いようです。
その他にもおむつケーキやペビー用のスキンケアセットもお勧めです。
ベビー服を出産祝いにする場合、ジャストサイズにするよりもワンサイズ上にしておくと他の人から贈られた出産祝いの服と重ならないので、80cmから90cmのサイズの服を選ぶようにしましょう。

 

 

デザインは相手の好みもあるとは思いますが、女の子らしい可愛らしさを意識したものをお勧めします。
実際に子供が生まれるまで性別を調べないままにしている家庭は、子供の性別がどちらでも対応できるデザインのベビー服を用意していることが多いので、女の子らしい服が少ないこともあります。
女の子だとわかっている場合でも、フリルやギャザーがたっぷり使われているドレスタイプのエプロンなどを贈ると喜ばれるでしょう。

 

おむつケーキは洋服などを選ぶことが難しく感じる場合にはぴったりの品物で、ミトンやタオル、おもちゃなどがおむつと一緒に可愛らしくケーキのようにセットされたギフトです。
女の子の出産祝いに色々な品物を贈りたいと思っている人にもお勧めなので検討してみてはいかがでしょうか?
また、ベビー用のスキンケアセットは、荒れやすい赤ちゃんの肌のためには欠かせないものですが、女の子であれば余計に気を使いたいと思うママは多いと思われます。
ベビーパウダーやスキンケアミルク、日焼け止めなどのセットを女の子の出産祝いとして贈ると喜ばれます。

 

おすすめ

女の子に贈る出産祝いのお勧めの品物には、洋服、おもちゃ、スキンケア用品、ギフトカードなどが挙げられます。
これらの品物のお勧めのポイントをチェックして、相手に喜んでもらえる女の子の出産祝いを選びましょう。
洋服は女の子の出産祝いとして定番で、根強い人気があります。
受け取るママやパパも助かるケースが多いようです。

 

特にベビー用の肌着や、ワンサイズ上のすぐには着ない洋服は何枚持っていても困ることがないため、肌触りの良い肌着を選んだり、80cmサイズの女の子らしい可愛い洋服を選んで出産祝いに贈ってみることをお勧めします。

 

おもちゃを女の子の出産祝いとして贈る時には、手になじむことや音が鳴ることなど、赤ちゃんが興味を持つポイントを意識しながら選ぶようにしましょう。
また使用されている素材にも注意。
注目されているオーガニックコットン製や木製のおもちゃを選んで贈ると喜ばれるでしょう。

 

女の子に限らず、赤ちゃんの肌は非常に敏感なので、スキンケアができるベビーパウダーやスキンミルク、日焼け止めなどのセットを出産祝いに贈る方法も人気になっていてお勧めです。
女の子の出産祝いであれば、スキンケアに気を配る気持ちはきっと喜ばれるでしょう。

 

実際に商品を選ぶことが難しい場合や、多くの人から出産祝いをもらっていることが予想されるようなケースでは、ギフトカードを贈って必要なものを購入する時に使って欲しいとメッセージを添える方法もあります。

服なら

女の子の出産祝いに多く贈られる品物に服があるのですが、服を選ぶ時にはデザインを重視するよりもサイズをしっかりと見ておかなくてはいけません。
勿論デザインや服の機能性についても、子供の成長と合っているものにしなければ動きにくく感じることなどがあるため、出産祝いとして贈る服をいつ着てもらいたいのかを考えることがポイントになります。

 

生まれてからなるべく早い時期に着てもらいたいのか、また外出できるようになる3ヶ月から6ヶ月になってから着てもらいたいのか、歩けるようになる1歳以降に着てもらいたいのかで選ぶ服は大きく異なります。

 

ベビーウェアは生まれてすぐに着る服なので、50cmや60cmサイズを出産祝いに贈ると実用的で喜ばれるでしょう。
デザインよりも機能性を重視し、赤ちゃんにとって肌触りが良い生地が使用されていることが選ぶポイントになります。
3ヶ月から6ヶ月になった時に着てもらいたい服であれば、70cmサイズにしておき、ロンパースなどのデザインにすると可愛らしく見える上に、外出先でのおむつ替えにも対応できて便利です。

 

歩き始めた頃に着てもらうには80cmサイズにすることがお勧めとされていて、一般的には女の子の出産祝いの服はこのサイズにしておくと間違いがないとも言われています。
長く着ることができる上にデザインも色々なものがあるので、可愛らしく女の子らしいアイテムを選ぶことができるでしょう。
女の子の出産祝いに服を贈る時は、色や柄にも配慮してブルーなど男の子をイメージさせる色を選びたい場合には、慎重になりましょう。

おもちゃなら

おもちゃを女の子の出産祝いに贈る時には、手触りが良いパイル地やオーガニックコットンを使用したものを選ぶと喜ばれるでしょう。
赤ちゃんが興味を持ちやすい音が出るおもちゃは、ほとんどの場合に使うと考えられます。
いくつ持っていても困るものではありません。

 

 

プラスチック製のガラガラ、ラトルもありますが、女の子らしいソフトな印象を与え、実際に触った時にも優しい手触りがするので、布製にしたり、暖かみのある木製にすることをお勧めします。

 

手に持つことができるサイズのぬいぐるみも女の子の出産祝いに贈ると喜ばれる贈り物。
中に鈴が入っていて音が鳴るように工夫されていれば、赤ちゃんが早い段階から興味を持つと言われています。

 

ぬいぐるみの場合、赤ちゃんが口に入れたり、舐めてしまうことを考えて、オーガニックコットンで作られているものを選ぶと喜ばれます。
オーガニックコットンとは無農薬で育てられたコットンのこと。

 

使用された製品は、完成までの間もなるべく薬品を使用しないように気をつけられている特徴があります。
つまり、赤ちゃんにとってオーガニックコットンは、非常に優しく安全な布だと言うことができるのです。
このような気遣いをしたおもちゃを女の子の出産祝いとして贈るときっと喜ばれることでしょう。

 

同じように木製のおもちゃを選ぶ時にも、塗装されたものよりも木の風合いを感じられるナチュラルなものを選んだり、塗料の成分をチェックしてからにすると、赤ちゃんの健康を気遣った出産祝いを贈ることができます。

 

 

身内(親戚・いとこ・甥・姪)への出産祝い、金額的相場と喜ばれるプレゼント

出産祝いを贈る場合、相手によって金額もプレゼントの内容も変わってきます。
特に、いとこや甥、姪など自分が相手にとって、どんな関係なのかでも違うことがあるのです。

 

普段からどの程度付き合っているかとか、家が遠く離れているとか色々な兼ね合いがあります。
同年代なのか、それとも相手が自分の子供と同じくらいなのか、によっても違いますので注意してください。

 

例えば、同じ年くらいのいとこに出産祝いを贈る場合。
金額的な相場は、3000円から1万円位まで。
あまり会ったこともないような場合なら3000円でも大丈夫。
普段から、何かあったときに会うような関係ならば5000円位で良いです。

 

これが、叔父さんや叔母さんが姪や甥に送る場合は違います。
出産のお祝いの相場は、5000円から1万円位。
田舎になるほど親戚付き合いは深くなるので、1万円位が相場という所も珍しくありません。

 

結婚式なども呼ばれているなら1万円位が妥当です。
ほとんど会ったこともない親戚で、人伝いに出産したことを聞いたようなケースなら3000円でも構いません。

 

どの程度付き合いがあるで、親戚へのお祝いの相場にかかわってきます。
判らない時は他の身内と相談されても良いです。

 

年代が同じようなら出産祝いのプレゼントで、今流行っているものを贈っても良いですが、年代が親位離れているなら、現金が無難な場合もあります。

 

叔父さん叔母さんが出産祝いで何か贈られるなら、紙おむつなどの実用品や肌着や靴下などがおすすめ。
服は赤ちゃんのご両親の好みがあるので、避けた方が良いです。

 

 

二人目の出産祝いはこちら